意識高い系エンジニア

プログラミングと個人開発のブログです。

rbenvでRuby3をインストールする方法

はじめに

こんにちは、モリヤです。2020年12月25日にRuby3が公開されました。

www.ruby-lang.org

こちらの記事は、複数のRubyのバージョンを管理するツールである「rbenv」でRuby3をインストールする方法を紹介します。基本的なコマンドを確認したい人向けです。

Homebrew

HomebrewはMacOS用のパッケージマネージャです。

  1. Homebrewをインストールしていない場合、インストールします。

$ /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

  1. Homebrewをインストールしている場合、アップデートします。

$ brew update

rbenv

rbenvは複数のRubyのバージョンを管理するツールです。

  1. rbenvをインストールしていない場合、インストールします。

$ brew install rbenv ruby-build

  1. rbenvをインストールしている場合、バージョンアップします。

$ brew upgrade rbenv ruby-build

Ruby

rbenvでRuby3をインストールします。

  1. Ruby3がインストールできることを確認します。
$ rbenv install --list-all | grep 3.0.0
  3.0.0
  1. Ruby3をインストールします。

$ rbenv install 3.0.0

  1. Ruby3がインストールできたことを確認します。
$ rbenv versions
  system
  (略)
  3.0.0
  1. Ruby3を使用するバージョンに指定します。

$ rbenv global 3.0.0

  1. Rubyのバージョンを確認します。
$ ruby -v
  ruby 3.0.0p0 (2020-12-25 revision 95aff21468) [x86_64-darwin19]

おわりに

昨日から個人開発をはじめました。

moriyatakashi.jp

今日はVS CodeRubyRailsなどの開発環境を整備しました。

早く個人開発のテーマを決めたい。